FC2ブログ
ヨロズブツヨクホンポ・・・・モノについての一言日記(^^)/
2009/05«│ 2009/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:34:14
SV2
今、愛用してるペンタSV君です。
この子でこんな写真、撮って自己満足してますねん。(*^_^*)




廃墟
長いこと放置されてる廃墟です。コンデジ複写ですみません。m(__)m
この枯れ具合がたまりませんねん。



ネガ
こうしてプリントが出来てくると入ってた袋とネガに番号貼ってますよね。
前の記事で現像まで書いたんで、ついでにその後の工程もお話します。(^O^)/

現像処理され乾燥されたネガは長いまま次の工程に送られプリントされます。
そしてプリントは中袋、外袋に入れられ「管理シール」が貼られて集配課へ・・・。
ネガは長いまま最初のコマの前に同一の番号の「管理シール」を張られ
だいたい100本分ぐらい金属リールに巻かれて「ネガ袋入れ課」(-_-;)
に送られ「フイルムセッター」ちゅう機械にセットされますねん。

これは手動の裁断機とライトテーブルが一緒になったような物で皆さん
ご存じのネガ袋が右側にセットされていてセンターにフイルム幅の
ライトテーブル、左側にフイルムリールがセットされます。

んでど~すんの?というと、おもむろにネガをライトテーブルにセットして
スイッチ入れるとパーフォレーションの位置にゴムのローラーがありフイルム
を右へ送ろうとします。それを手袋した手で押さえながらライトをたよりに六コマ分
の処をストンと裁断機で落とします。
するとフイルムが「シュッ」とローラーで送られ「ストン」と袋に入り「カチャ」
と袋が一段送られます。

お分かりですね?あとはこの「シュッ」「ストン」「カチャ」の繰り返しで必ず
「管理シール」が左にくるよう作業しますんです。袋の口は確か左やと思います
ねんけど今は右ですね。何でやろ(@_@;)
わたしは調子に乗って露光不足のネガのど真ん中、切っちゃったり袋に入らず
飛び出してネガの山作って主任が始末書書かされたりして今思い出すと冷や汗
もんな事、チョイチョイやらかしてました。

ま、あとは「管理シール」を照合してプリントと合わせばメデタシ、メデタシとなります。
今はかなりシステムも変わってまっしゃろな~。(ー_ー)!!

AdSense
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
AdSense