ヨロズブツヨクホンポ・・・・モノについての一言日記(^^)/
2009/01«│ 2009/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2009/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2009/02/27
00:30:15
FUJICA 35-EE
久々にカメラです。FUJICA35-EE
最初の印象は「ブッサイクゥ~」でした。
オートにすると飛び出すレリーズボタンがオチャメかな?

このセレンの露出計の造作はもうちょっと何とかならんかったんでしょうか。
操作性が意外に良いだけに残念です。
シャッター速度も1000/1があるしねー。

00:08:01
スウォッチねたvol2
今から16年前に発刊されたスウォッチ聖書です。
スウォッチを集めることは無かったですが、この本は
面白そうなので買いました。

KIKI PICASSOなんて、ゴ、ゴヒャクマンエ~ン(@0@)
持ってる人いるんでしょうね。

あれ?画像じゃ判らないですか?
左ページの一番上のやつです。

2009/02/23
01:46:22
お気に入り
両方とも一年ぐらい前に手に入れたミクリのアイグラスとスウォッチです。
ちょっとピンボケ(>0<)

スウォッチは20年位前に大ブームがありました。
特にクロノグラフはすごい人気で種類もスゴかったですね。
あの熱気はどこへ行ったんでしょうか?

00:11:35
STORM
STORMは1985にロンドンで登場したブランドです。
とにかくヘンチクリンなウオッチばかり発表するんですが、
価格はそんなに高価じゃないんです。

この子はご覧のように文字盤は隙間からしか見えません。
しかも盤面には文字が無くシルバーの長短針のみで非常に見にくい・・・。
つまり正面から見ないと時間が分らん(+o+)

ここに紹介したのは10年ぐらい前の物ですが、
今もヘンチクリンなの発表してるみたいです。

00:12:18
minolta HI-MATIC-E
ミノルタの締めくくりはハイマチックEであります。
オートのみ、グニュグニュのシャッターボタン、素っ気ないファインダー・・・。
それでも安心してポジで撮影出来るスゴさ・・・。

わたしのキングオブお散歩カメラです。

2009/02/17
02:47:30
minoltaALE
シャッタースピード優先オートを搭載したAL-Eです。
ALシリーズは初代から薄型のボディでわたしは大好きなんですが、
何故かあまり人気はなかったみたいです。

まあミノルタのレンズシャッター機はダントツでハイマチックシリーズが有名ですからねー。

2009/02/15
01:25:13
minoltaXD
ミノルタのフラッグシップ機としてX-1が登場したのが1973年
74年にはその普及機としてXE、76年XE-bが発表されライツとの提携ナンチャラカンチャラ
で恐らくミノルタ絶頂期に登場したのがこの子でしょうね。

アキュートマットのファインダーやブラックマットのボディカラー
賛否両論のシャッターフィーリング。
唯一の欠点はあの貼り革の縮みでしょうね。

この子もあるバザーで出会いました。
電池切れで「動かないカメラ」としてションボリしてたのでつい・・・・。
帰ってから電池交換してやると急に元気になってパシャコン、パシャコン。

ついでに服(貼り革)も着せかえてやりました。

2009/02/13
00:15:10
幻のSRー2black
今回のカメラはあの幻のSR-2blackですぅ~。
もちろん画像のみで本物は持ってません。ぅぅぅ・・・・。
SR-1の黒は、たま~に見ますがSR-2はわずか10台しか確認されておらず、
ほとんど市場に出る事は無いみたいです。

何せあの名機NikonFに先駆けること約半年、当時最高のスペックを誇ったSR-2
そのメガレアblackモデル・・・・。いいなぁ~。いいな~。

2009/02/11
00:27:17
minoltaSR-1
今日のカメラはSR-1です。
ご存じSR-2のディフュージョンバージョンでシャッタースピードが500/1までです。
とても頑丈なカメラでメンテさえしてやればまだまだ現役で使えます。

これ以降SRシリーズはマイナーチェンジを繰り返し、以前紹介したSRT-superまで続くのですが…
中古市場には悲しくなる値段で邪魔者扱いされてる可哀そうな子です。

2009/02/09
01:34:43
minoltaALS
露出計内臓でマニュアル可能のALSです。
あるバザーで出品されてました。見せていただくとモルト以外は絶好調!
一連のALシリーズはスリムなボディに明るいレンズを装着してコンパクトながら
アウトフォーカス時のボケ味はなかなかのものです。

カルピスの詰め合わせとこの子で3500円をお支払いしておうちに連れて帰りました。


00:07:01
レストア
いただき物のキヤノンFtb-nです。
例のプリズム腐食&シャッター幕のリボン切れです。
初代のFtbに無かったシャッタースピードの表示があるのはいいんですが、
これが伝統の糸連動です。切らないように注意が必要です。

リボンは幕と独立してるので単独で交換しましたが、プリズムはかなり
腐食が激しいのでPENTAXーMGのジャンクから移植しました。
MGのプリズムは集光効率を上げるため船底のように膨らんでいますが
多分大丈夫でしょう。・・・・オイオイ(*0*)

前にも言いましたがこのころのキヤノンはホントいい仕事してますねー。
わたしはニコン派ですけど。(^0^)/

2009/02/05
00:58:59
GOSSEN
最初に・・・・。
今年の正月明けから、日記のつもりで隔日で更新しています。
先達には素晴らし作品を発表されたり、到底まねのできない凄い
レストア技術を惜しげもなく披露されているHPを拝見するにつけ
羨望と尊敬の念にかられています。

・・・・が、わたしゃぁ~このままいきますよ。(爆)
「継続は力なり」なのだ「小さなことからコツコツと」なのだ。
イルカさんすみませんでした。m(_ _)m

閑話休題・・・・
GOSSENであります。
その昔広告会社やってたときに、ハッセルやリンホフのシステムといっしょに導入しました。

建築関係の撮影が主で物撮りがほとんど無かったんで、
スタジオマスターよりいいだろうと思ったんですがカメラマンにはえらい不評でした。(;0;)
今も元気にメインのメーターとして働いてくれています。

ポジ使用時のニコンとの相性はバッチグーです。(笑)

2009/02/03
11:36:17
BRITISH ROCK
レコード・・・・であります。
1970年代は実験的なレーベルの乱立期で、ロックシーンには
様々なミュージシャンが登場しては消えていきました。

彼らの残したアルバムはその内用の如何に関わらずオリジナルアルバムは
マニアのコレクターズアイテムとなっています。

2009/02/01
06:48:05
minoltaSRTsuper
初登場のミノルタのカメラSRTsuperです。
非常に使いやすいカメラでファインダーの中に全ての情報が表示されます。
巻き上げも角度は大きいのですがスムーズでトルクも小さいです。

ミノルタという会社は決してスマートではないけど何かイイんですねー。
サービスセンターの対応も誠意があり、気持ちよかったです。SONYになってからはどうなんだろ?

SR2のブラックボディ・・・・無いかな~?

AdSense
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
AdSense
プロフィール

kenちゃま

Author:kenちゃま
本職は、お絵かき好きのアドクリエーター。
70年代英国ロックのレコードも扱う個人店。

リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
カスタム検索
fc2ランキング
ブログ村ランキング
AdSense